グリーンアリーナ神戸カップ U-18フットサルフェスティバル

toto スポーツ振興くじ助成事業

グリーンアリーナ神戸カップ U-18フットサルフェスティバルについて

U-18世代のフットサルの普及と発展を目標に2012年に大会を創設。全国から高校フットサル部・サッカー部、フットサルクラブ、サッカークラブ、さらには大会に向けて編成されたチームも含めた多様なチームが参加する大会となっています。スポーツ振興くじ助成事業として開催します。

2016年大会概要

主催 特定非営利活動法人神戸アスリートタウンクラブ
公式サイトFacebookページ
後援 神戸市、神戸市教育委員会、公益財団法人神戸市公園緑化協会、公益財団法人神戸市スポーツ教育協会、特定非営利活動法人兵庫県フットサル連盟、一般社団法人神戸市サッカー協会(以上、申請中)
期日 2016年8月24日(水)、25日(木)
会場 グリーンアリーナ神戸(兵庫県神戸市須磨区緑台)

2016年大会

ホンダカップ フットサルフェスタ、東京都フットサルチャレンジを制して大会に乗り込んだフウガドールすみだファルコンズが初出場初優勝を飾った。準優勝はサントスサッカーショップ。3位には、熊本から参戦したエンフレンテ熊本、「全日本ユース(U-18)フットサル大会」で4位となったOKAYAMA SAKUYOが入った。

2015年大会

前日まで仙台で開催されていた「第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会」で日本一の座に輝いた作陽高校が参戦。疲労との戦い、そして名古屋オーシャンズU-18との大会史上に残る激戦を制して連覇を達成した。

2014年大会

神奈川から参戦したLONDRINA U-18は1次リーグを圧倒的な安定感を見せて勝ち上がるも、2次ラウンドでエンフレンテ熊本にまさかの完敗。決勝では「第1回全日本ユース(U-18)フットサル大会」にも参加する岡山県作陽高校が4-0で勝利し、第1回大会に続く優勝を飾った。

2013年大会

2年目も関東、東海、九州などからの多様なチームの参加のもと開催された。2次ラウンドでは、Fリーグ絶対王者の下部組織である名古屋オーシャンズU-18がLONDRINA、DESAFIOとの激闘を制し決勝に進出。SAKUYOに2-1で勝利して、昨年のリベンジを果たし見事栄冠に輝いた。

2012年大会

クラーク記念高校のスポンサードのもと、「クラークカップ U-18フットサルフェスティバル」として開催。オーシャンズ、シュライカー、デウソンなど15チームが参加した大会を制したのは、作陽高校サッカー部のメンバーで構成されたSAKUYO Coracao de Verdeだった。